スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駐車して、ずーっとケータイ中

本日、銀行の駐車場警備。

やっぱスゴイぜぇ↗月末。

10時には満車で、空き待ち車両あり状態。

空き待ち車両の先頭は、かわいい女性客でケータイ中。

空きが出たので、そのかわいい女性客を誘導…別に愛想もなく、ケータイ中。


11時、午前の最ピーク時到来。

待ち車両は駐車場から溢れ、公道に5台以上………これは、警察からのお叱りのパターン

ヤバいと思い、駐車場内を見渡すと、5人ケータイ中………


諦めて帰られたお客さんもおられ、12時前に何とか落ち着いた。

(心)「いくらケータイ中でも、この混雑状況は分かるだろう!!!」
   「やっと停められたんだから、銀行の方を先に済ませよ!!!」
   「忙しいーんじゃねーのかよ!!!」
   「そんなんだったら月末に来んなよ!!!」
   「何で自分の事だけ?悲しい~ねぇ」
   「周りに目がいかないわ、気を使わないわ…」
   「だから、ワケの分かんない事件が多いんだよ」
   「周りや、相手の立場で考えろよ! おのずと行動が分かる!!!」
   「今日は、これ位に、しといたるわ!!!」
スポンサーサイト

高齢者③

本日、パチンコ店の駐車場警備。

日曜日なので、お昼過ぎには満車。

駐車場のメイン出入口から入った最初の交差点で安全誘導実施。

交差点の右方向より、とろとろ走るお爺ちゃん運転の軽自動車が

こちらに向かって来ていた…が、あまりにも遅いので、

後続車の若い兄ちゃんが、追い越し………交差点に差し掛かった時点では

2台が並んで走っている状態。

(心)「お爺ちゃん、右隣に車が居る事を分かってるかな?」

交差点に入った瞬間、右折をしようとしたので、

思わずお爺ちゃんの見てる方向に飛び出し、停止させる。

お爺ちゃんは、「何ですか?」の表情だったので、隣に居る車両を指差した。

すると理解されたようで、右手を上げられ会釈。

(心)「俺も年取ると、あ~なっちゃうんだろうか?」
   「後続車も、僅かな距離なんだから、チッたぁー待ったれよ!」
   
そのお爺ちゃん、駐車できて車から降りられ、ホールへ。

何だか、その姿を見ていて…じぶんの将来に不安を感じた。

最短距離『闘牛おばさん』登場

昨日は、銀行の駐車場警備。

いやぁ~ビックリ。

いきなりですが、こんな方の登場です。

私Kの定位置は、ATMの出入口の斜め前。

ATM⇨K⇨の直線上の駐車枠に停まった軽自動車より、

表面積のかな~り広い黒装束(黒色ワンピース)女性客が、こちらATMへ向かって来られていた。

車の往来もなかったので、もっぱら「いらっしゃいませ」の挨拶の連続。

軽く会釈をしながらだったのですが…右側方向に会釈をして正面を向いた瞬間………

左側より黒い物体が見え、慌てて反射的によけた……ギリギリ~セェーフ。

振り返ると、あの黒装束の女性客…何事もなかったように、ATMへ。

全く避ける事なく、直進のみ。

ちなみに帰りもチェック………同じ直線を通って車へ乗って帰られました。

(心)「えぇー俺が避けなかったら、どうなっていたんだろう???」
   「もしも、衝突していたら、何て言われていたんだろう???」
   「うわぁー、気になるぅー、他の場所でも見てみたーい」
   「是非、次回もお待ち致しております」
   


   



全く反省なし。

本日、スーパーの駐車場警備

今日も、穏やかで気持ちのよい警備日和。


警備開始。まずは駐車場内を巡回。

駐車場の中央付近に「無断駐車」の貼り紙が2枚づつ貼ってある3台の車両を確認。

見ると金曜日から、3台とも無断駐車をしている。で今日が3日目。

4~5台で来て、乗り合わせて、どっかへ行った模様。

と言うことは、日曜日の今日帰って来る可能性大。

中央付近を気にしながら、駐車場出入口で誘導実施。

メチャメチャ混み始めた17時ころ、5人の若い男性が、例の車両の付近で立ち話。

このポストを離れられない状況でしたが、一声掛けなくてはと思い、小走りで………

(警備員K)「こちらの3台は、お客様のお車ですか?」
(男性客達)「あっハイ」
(警備員K)「金曜日からズッーと停められてますよね?」
(男性客達)「あっハイ」
(警備員K)「いやぁ…ハイって…ダメですよ、無断駐車は!」
      「しかも、3日間も!」
(男性客達)「あっハイ」
(警備員K)「………」
      「分かってますか?2度と無断駐車はやめて下さい、ヨロシク!!!」
(男性客達)「………」

分かってんのかいな?と思いつつも、出入口の持ち場にもどる。

結局、その後30分も立ち話をして、出入口に立って誘導しているKの横を

ニコニコ笑顔で、全員帰って行きました。

(心)「何じゃ?!あいつら」
   「帰り際に、すいませんでしたってくらい言えんのか!」
   「全く悪いと思っていない…何で?」
   「その神経を疑うわ!」
   「注意されたら、この野郎とか、ヤバいとか、マズいとか思うやろ」
   「注意されたら、さっさと帰るだろ」
   「どんな教育受けとるんじゃ!」

    実際こういう人達が多いことを、実感しております。

   『残念!!!』   
   


何で?どうして?

本日、パチンコ店の防犯警備。

この一件で、今日の出来事を、全て忘れました。

それは、終わりが近い、21時ころ。

店舗につながるメイン通りに枠外駐車の車両を発見。

近付いて確認すると、ドアは半ドアで室内灯が点灯。

停め方も端に寄せてるわけでもなく、入ってきて、そのまま停めた感じ。

これは「トイレ」だと思い、しばらく待つことに。

15分くらい待ったが出て来られないので、ホールへ呼び出し依頼。

1時間たっても音沙汰なし。



22時45分…閉店のアナウンスが流れている頃でした。

ホールから長髪の男性が、雄叫びのような、意味不明な奇声を発しながら、

ゆっくり歩いて、例の枠外車両の方へ……もしやと思い近づくと………

素早く乗り込んで、Uターンせず、なんと凄いスピードでバック走行。

そのまま国道に出て、一気に行ってしまいました。

思わず「映画かよ?!」ってツッコんじゃいました。

それくらい、バック走行は上手くて完璧でした。


「って言うか、あいつは何だったの?」
「で、あいつは何を言っていたの?」
「で、ナニあのドライブテクニックは?」(車は、1500ccのノーマルなのに)
「どうしたら、あんな場所に駐車出来るんだろう?」
「何で?どうして?誰かあいつに聞いてくれー」





フン?????

本日、創業祭のスーパーの駐車場警備

今日もポカポカ陽気で最高です。

スーパーの隣にドラッグストアがあり、その境を1m幅位の縁石に芝生がある。

ペット連れのお客さんが、ワンチャンを遊ばせている光景を何度か見た。

「いいねぇ、のどかと言うか、いい人生を送られているなぁ」って感じ。

お昼前もお客さん多かったけど、16時ころからドンドンお客さんが増え大盛況です。

人が増えると比例してゴミも増えます。(残念)

お店側からは何も指示はなかったのですが、

この不況の為、会社のアピール作戦で

「待機(休憩)に入る際、お店側に見えるようにゴミ拾いをする事」

と警備会社の幹部より指示があった………皆、忠実に遂行。

待機の番になったので、お店から見える所でゴミ拾い実施。

縁石の芝生の上に、コンビニの小さな袋があったので、

「ヨッシャ!」と拾い上げ………「何だ?」見た目より重かった………

ちょっと2本の指でつまんだら「ムニュ」って柔らかい………「おむすび?」

ネジってあった袋の口を解くと

くっさぁー」 「これって、ウンチだぁー!!!」

薄い袋とティッシュが間にあったとはいえ、

ウンチつまんじゃったぁー」

最悪だぁー!!!」

「何が、のどかじゃ!!!」

「何が、いい人生送っとるじゃー!!!」

お前ら、最低じゃー!!!」




私の車?????

本日、パチンコ店の防犯警備。

昼間は、まだまだポカポカ陽気。

パチンコの合間に、よく散歩される年配の方々を見かけます。

それに混じって多いのが、自分の車を探す人々。

年配者ばかりと思いきや、若い人も多い。行動を見れば一目瞭然。

大体は、ご自分で探されるのですが、たまに依頼される事がある。

(女性客) 「あの~私の車………」キョロキョロ駐車場を見渡す。
(警備員K)「車をお探しですか?」
      「どんな車ですか?」
(女性客) 「黒の軽」
(心)   「黒の軽は一杯あるわ!!!」
(警備員K)「出来れば車種か車番か教えてもらえませんか?」
(女性客) 「えぇー分かんない」
(心)   「こっちも言うたるわ、えぇー何で知らんの?!」

(女性客) 「あっ!ミッキーのミラーとハンドルカバーとぬいぐるみ!」
(心)   「う~ん、それもヨウケおるわ!」

(警備員K)「了解しました。それでは私は反対側を見て来ます。」
      
      2~3分位でしょうか、私の横を黒色の軽自動車………

(警備員K)「あれ?!さっきのあの娘だ!」
      「えぇー?!何で??!」

      確かに、通り過ぎた後ろの窓に、ミッキーマウスが………

(心)   「おい!俺をほっとくな!」
      「可愛い顔して…礼儀を知らん娘やなぁ」
      「親の顔が見てみたいわ!(俺もおっさんになったなぁ)」
      「しっかし腹たつなぁー」
      「お前が探してって言うたのに…有ったなら有ったって言うどろう!普通」
      「情けないのぉ!」
      「この娘も、いつか母親になるのかな?不安やなぁ」
      「大丈夫か?日本????」

マダムが????人間不信????

本日、イベントホールの駐車場警備

本日も快晴、しかも、今日は高価な商品の展示会なので、

かなりお上品な、あまり日頃お会いする事のない

『お嬢様』や『マダム』のご来場という事で、気分も「最高です!!!」

混雑を避けるため、3回の入場に分かれていて、その一番入場者数が多い2回目でした。

通常は4カ所の出入口があるのですが、2カ所封鎖して、

「入口専用」「出口専用」の2カ所で、その「出口専用」がK担当。

順番に奥から詰める為、少々時間は掛かりましたが、満車となり

ほぼ予定来場者数………と、そこへ、出口専用の方から、

(マダム) 『ガードマンさ~ん、ガードマンさ~ん』と女性の声。

見ると、ドイツの高級車の窓から手を振っているマダム。

(警備員K)「何でしょうか?」
(マダム) 「私、足が悪いの。入口近くへ停めさせて」
       って言いながら、出口専用から入ろうとされたので
(警備員K)「こちらからは入れませんし、前の方も…ちょっと待って下さい」
       すると、近くにおられた関係者の方が、
(関係者) 「あっ!どうぞどうぞ」
       と、入口近くに案内され、枠外駐車。
(マダム) 「ごめんなさいねぇ、ほんと、ありがとう」       
       と、関係者の方にあいさつ。さすが『マダム』
     
が、しかし

ドアを閉めた瞬間………普通に、小走りで入口へ→→→

(警備員K)「えぇぇぇぇぇ~」

(心)「信じられない」
   「何で????」
   「どうして????」
   「マダムが…………」
   「……………………」
   「……………………」
   「……………………」

カラーコーンには罪は無し。

本日、パチンコ店で防犯警備

夕方の帰宅ラッシュも終え、駐車場内も落ち着き、肌寒さを感じていた頃でした。

店舗の南側より、爆音と共に「ギッイィィィー」という、耳障りな音が鳴り響いている。

慌てて音のなる方へ急行。

車高の低い真っ黒のセダンが、左側下にカラーコーンを挟んだまま、

猛スピードで、北側の国道方面へ………。

当然、追いつくことなく、国道を左折して、カラーコーンを挟んだまま行ってしまいました。

カラーコーンを巻き込んだのは偶然としても、その後の行為は分かっての事。

 
(心)「負けた腹いせか?!」
   「ひでぇーヤツ!!!」
   「他の物に当たるんじゃねーよ!!!」
   「器物損壊だぞぉ!」
   「キンタマちっちぇーヤツ!!!」
   「2度とくるな!バカヤロー!」
   「カラーコーン返せ!!!」

勤務終了の帰り道……国道の脇の側溝にパチンコ店名入りの

ペッチャンコで傷だらけのカラーコーン発見。

非常に迷いましたが……車を止めて、回収。

(心)「何で俺が回収?勤務時間外だぜぇ!?」
   「俺って本当に、いいヤツだ」
   「あのヤロー、絶対に許さん!!!」

何で俺の車を止めた?????

本日、銀行の駐車場警備

今日も、いい天気…衣替えは、昼間の勤務には、まだキツい感の陽気。

午前中は、何事もなくスムーズに終了。

毎度毎度ながら、何事もなく終わることは今まで(ゼロ)。

その時が、14時台に起こりました。

15時までのリミットに、焦るお客様は多く、珍しい光景ではないのだが、

一台の高級車が凄い勢いで駐車場に入り、ATM入口に近い駐車枠へ猪突猛進。

その空いた駐車枠の2台手前の車両のバックランプが点いたのを発見。

これはヤバいと思い、咄嗟に走ってバックしようとした車両を止めた。

なんとか事故回避。

ホッとして、改めてバックしようとした車両のお客様に

(警備員K)「どうも、すみませんでした」
      「どうぞ、バックオーライです」
       そうしたら、お客様…バックしながら窓を開け
(お客様) 「何で俺の車を止めた?!」と大声を張り上げた。
(警備員K)「後ろを走る車両と接触・・・・・」
       まだ話の途中なのに
(お客様) 「何で俺の車を止めた?!」また大声で
(警備員K)「そのまま、お客様がバックされ・・・」
       またまた話の途中なのに
(お客様) 「何で俺の車を止めた?!」またまた大声で
    
何回、繰り返したか……覚えておりません。

あっ、最後に「馬鹿たれ!」の捨て台詞で終わりました。

(心)「他の日本語を知らんのか?!」
   「おまえは、質問魔か?!」
   「対話になっとらんゾ!!!」
   「俺が止めなかったら絶対に事故っとるでぇ、感謝せぇ-」
   「俺の台詞だ! 馬鹿たれ!!!!!!!!!
   「しかし、あの人は、何だったんだろう?????」

蒼井そらをこんな所で………

本日、パチンコ店で防犯警備

昼間は、まだまだ暑いですが、朝晩は涼しく、しばしの警備日和です。

この一時期が本当に『最高です!!!』
今日は祝日とあって、お客様は早めのご帰還のようです。

夜の8時。駐車場は台数も減り、まばらで、警備としては涼しいし『最高です!!!』
そのまばらな駐車場に、真っ黒な車両に真っ黒な窓ガラスのミニバン…

車内中央付近がボンヤリ明るく、中で何かヤッテルナ………もしやと思い接近………

何と後の窓ガラスからハッキリと、あの以前お世話になってた『蒼井そら』ちゃんが………

頭にナースキャップ&全裸にパンストのスタイルで、患者らしき男の○○○○を○○してるではないか!!!!

とハッキリわかるほどの大きいモニターで、後部シートを倒して観てやがる…失礼、観ておられる。

(心)「何しとんじゃ?!ワレ!!!」

と思いつつ、恥ずかしながら、30秒ほど見入って………

我が息子が元気になっちゃった!!! → すみません、あ~暗闇で良かった。

(心)「が、しかし、ロケーション考えろよ!?!?」
   「外から丸見えだぞ!!、確認しとけよ!!!」
   「おまえ、一人でヤッてないやろなぁーほんまに」
   「勘弁してくれよ」
   「出てくる女性客が全員、ナースキャップ&全裸に見えるよ」
   「俺が、不審者だと思われるゼェ」
   「懐かしいなぁ~、7~8年前を思い出すゼェ」
   「『蒼井そら』ちゃん、最高です!!!
   



高齢者②

本日は、ドラッグストアのOPEN警備

朝早くから、たくさんのお客様で、「景気いいじゃん!」

と思わせる初日です。

午前10時30分、駐車場が満車。

入場制限して、順番に空いたら誘導するやり方で、駐車場内のゴチャゴチャが

なくなった時でした。

4駆の軽自動車に乗ったおじいちゃんの番になり、ラッキーな事に、

店舗前の入り口の一番近い場所が空いたので、すかさず、

「お客様、真っ直ぐ行った、正面入り口の横の駐車枠へどうぞ」とご案内。

そうしたら、おじいさんは満面の笑顔で右手を上げながら直進。

次のお客様の方を向いた瞬間、『ドォーン』という音と悲鳴が……

振り返ると、先程の4駆の軽自動車が正面入り口の両脇にある太っとい右の柱に激突。

すぐに急行。

(警備員K)「大丈夫ですか?」
(お爺ちゃん)「あ~大丈夫

と同時に、バックして、またも車止めを乗り越え、何もなかったかのように降りて店に入ろうとする。

(警備員K)「ちょっと待って下さいお客様、お店の人を呼んで来ますから」

「何で?」って顔してるけど…………柱に2カ所の陥没とひび割れあり。

お客様の4駆も右のウインカーが壊れている状況。

このままでは、終われる状況ではないので、お店の方に判断を委ねた。

結局は、そのままで無罪放免。

(心)「初日から、お店側も辛いねぇ」
   「しっかし、あの爺さんコエェ~」
   「車止めを越えるって、結構な衝撃なのに…あの冷静さ」
   「ボケとんのか、ジジィ」
   「こっちが、怖いぜ」
   何とかしてくれ!ジジィ達を!」
プロフィール

青尻警備員

Author:青尻警備員
自営業でしたが、不況続きで昨年より警備員をやっております。
こんなにストレスの溜まる仕事とは思っておりませんでした。
すみませんが、この場を発散場所にさせてもらいます。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
23963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6379位
アクセスランキングを見る>>
警備員、心の奥底のツイート。
ブログランキングに参加しています。 ぜひクリックして行ってください。

FC2Blog Ranking

青尻警備員のブログに訪れた人
FC2アフィリエイト
エアコン直販センター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。